KaoruNoBlog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KaoruNoBlog

日常をつらつら書く予定です。

Bloodborneクリア後レビュー

こんばんは、またまたブラボ関連で。

 

なにかと好評化をしているような口ぶりだった私ですが、仮にamazonれびゅーを書くとしたら☆4かなと思います。微妙に惜しいなと思う点がちらほら有りまして。。。そのへん含めて書いておこうかなと思います。ちなみにフロムのゲームは本作が初めてです。

 

良かったところ

1.雑魚も強い

普通に街に溢れかえっている獣化した人とか犬とか犬とか犬とか普通に強いです。緊張感ありまくり。死ぬと経験値兼お金である血の意志を落としてしまうのでそうやすやすと死ぬことができません。あーこわいこわい。スリル感がいいですね。効果音やBGMもすべて良く出来ていて、ヘッドセットでプレーすればかなりの臨場感。

 

2.ボスのつよさ

ボスはモンハンみたいにいくつかのパターンで攻撃してきます。何度も何度も、挑戦しているうちにこのパターンを覚えていっていつの間にかあっさり勝てるようになっています。このあたりボスの調整はうまく行っているのではないでしょうか?

 

3.ストーリー

クリアすると街に居た人々が話していたこと、ムービーシーンで語られていたこと、それぞれがつなぎ合わさっていってなんとなくストーリーがわかってきます。このあたりは良く出来ているなぁと思いました。ただいいストーリーかと言われるとそれは微妙。攻略サイトにはおもしろい解釈も載ってたりするのでクリアした方はぜひ探してみてください。

 

4.音楽がいい

BGM大好きな私ですが、雰囲気にあったいい感じの音楽だなぁと思いました。現代的なフィルムスコアなかんじだったり、かなり前衛的なオケだったりと。ミコラーシュ戦のピアノを使った曲はおもわず鳥肌が!サントラ買うかも。

 


Bloodborne Soundtrack OST - Micolash - YouTube

イマイチな点

1.モチベーション

ゲームが始まるやいなやなにか点滴で打ち込まれ「狩りに行って来い」と街に放たれる狩人(自分)。正直最初は死にまくるしなんでこんな街を一人で歩かなくちゃいけないんだ…とかなり低モチベーションに。マップもない、与えられたミッションもない、とりあえず歩き、とりあえず死ぬ、みたいなゲームでした。最初がコレだと人によってはここで投げてしまうのでは?と思うほどでした。個人的な趣向ですけど、やはり冒険の始まりにはなにかしら目的みたいのが簡単に分かる感じだとのめり込みやすいですね。

 

2.マッチングしなさすぎ

一応コーププレーにも対応しているのですが、ほとんどマッチングしません。「このボス辛いな」とおもってお助けを呼ぶアイテムを使ってもほぼお助けは現れてはくれません。この辺パッチが当てられるそうです。

 

3.ロードがながい

有名かもですがロード長いです。40秒ほど。死にゲーでコレはいたい。

 

4.周回プレーの意味

ここが一番痛いかなと思いました。周回プレーする意味がほぼ無いです。前回書いたような、エンディングやイベントの回収くらいなのではないでしょうか。2周目限定の武器やコスチュームなどないみたいです。かと言って2周めは無双できるわけでもないし。。。強くてニューゲーム、敵も強いよ状態。本当におんなじ感じで新鮮味もないです。

バイオハザード4なんかは、2周めは強い武器が手に入ったり、アシュリーにいろいろな服を着せられたりできるし、無限ロケランがうてたりビームうてたり、、周回プレーするならこういった別の楽しみ方ができる方が好きです。

 

 

意外と長々と書いてしまいましたが、こんなかんじです。ただ一周目は本当に面白いと思いますので☆4かな~と!

 

しかしこのブログ音楽の話題書かないな。。。次回辺り音楽関連の記事書けたらなぁと思います。笑

 

ではでは